モバイルパソコンおすすめガイドTOP > モバイルパソコンの口コミ > 東芝ダイレクトPCのモバイルパソコンの口コミと詳細

東芝ダイレクトPCのモバイルパソコンの口コミと詳細について

 

東芝は1994年から2000年までノートPC世界シェア7年連続1位を獲得し、いまなお国内メーカーのノートPCとしては海外で最も売れています。

 

24時まで対応可能な「電話サポート予約」など購入後のアフターサービスの質には定評があり、口コミでの評価も高いです。

 

直販ショップの東芝ダイレクトPCでは、ネット限定モデルや、「メモリ、CPUの無償アップグレード」「クーポン使用20%オフ」キャンペーンなどを実施しています。

 

ただしショップ対応に関する口コミ評価が低く、気になるところです。

 

東芝ダイレクトPCのモバイルパソコンといえば、「ダイナブック/dynabook」シリーズが有名。

 

ミニノートの「リブレット(Libretto)」を含め、ラインナップも充実しています。

 

2010年の秋冬モデルからdynabook全体で型番変更し、地デジTVチューナ付きモデルを「ダイナブックコスミオ/dynabook Qosmio」へ、TVなしモデルをダイナブックへ集約、よりわかりやすくなりました。

 

2010年8月には、東芝初のAndroid端末、クラウドブック「dynabook AZ」も発売されました。

 

ダイナブックではデスクノートとモバイルノートの2種類がありますが、東芝ダイレクトPCのモバイルパソコンの口コミを調べると、全般にビジネスユースでの評価が高いようです。

 

世界最軽量をうたった「dynabook SS RX2」は憧れの高額機種でしたが、後継の「dynabook RX3」は大型化による重量増で評価は分かれています。

 

リブレットの最新モデル「libretto W100」は2画面タッチでキーボードをなくした個性的な製品で、口コミでは液晶やデザイン、処理速度が高評価。

 

拡張性のなさと熱がマイナス評価です。

 

モバイルパソコンの基礎知識記事一覧

富士通のモバイルパソコンの口コミと詳細

富士通は日本を代表する、情報・通信システムメーカーです。2009年PC出荷台数ではNECについで2位でした。高品質な国内生産で、幅広い層に支持されています。...

東芝ダイレクトPCのモバイルパソコンの口コミと詳細

東芝は1994年から2000年までノートPC世界シェア7年連続1位を獲得し、いまなお国内メーカーのノートPCとしては海外で最も売れています。24時まで対応可能な「電話サポー...

HPのモバイルパソコンの口コミと詳細

HP(ヒューレット・パッカード株式会社/Hewlett-Packard Company)は、2006年から2009年現在までずっと、パソコンの世界シェアNo.1の米国メーカーです。...

NECのモバイルパソコンの口コミと詳細

NEC(エヌ・イー・シー)は、日本電気株式会社の略称で、国内最大のシェアを誇るパソコンメーカーです。「日経コンピュータ2010年 第15回顧客満足度調査」では首位を獲得して...